サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-02-20

ポルトーアーセナル戦フォーメーション

欧州チャンピオンズリーグ、いよいよ決勝トーナメントが始まりました。

ダークホース同士の好カード、アーセナルとポルトの対戦です。

2月17日にポルトホームで行われた準々決勝のファーストレグは、ポルトが2-1で勝利しました。

ホームの圧倒的なサポーターの声援を背にCL決勝トーナメント常連のポルトが、攻撃性を前面に出しアーセナルを飲み込んでいきます。
その中でもやはり、フッキの活躍が目を引きます。開始早々から。そのパワフルシュートで何度もフィニッシュまで行き、徐々にアーセナルディフェンスに圧力をかけていきました。

迎えた前半11分、右のフォワード、シルベストレ・バレーラが放ったシュートをキーパーファビアンスキーが後ろに逸らし、先制点がポルトに入ります。

すぐさま、アーセナルも前半18分に、コーナーからロシツキーの折り返しをソル・キャンベルがヘッド決めます。

しかし同点で迎えた後半6分、この日全くいいところのないアーセナルキーパー、ファビアンスキーが痛恨のミス。

ソル・キャンベルのバックパスをファビアンスキーが手で触ってしまい、間接フリーキック。
抗議をしている間に、ポルトに素早くリスタートされ、センターフォワード、ラダメル・ファルカオに決められ、勝ち越されてしまいます。

結局、このままポルトが逃げ切り、ファーストレグ、アウェーで最低勝ち点1以上を狙っていたアーセナルでしたが、目論見は外れ、ホームで勝利が絶対条件となってしまいました。

一方さすが、ここ5年間いつもチャンピオンズリーグを大いに沸かせているポルト。
今シーズンも早くもこの時点からインパクト大で、またもジャイアントキリング起こしそうな香りぷんぷんです。

セカンドレグが楽しみです。

さてこのゲームの両チームのフォーメーションは、以下のとうりりです・・
スポンサーサイト
続きを読む

テーマ : アーセナル
ジャンル : スポーツ

2010-02-19

レアルマドリード対ヘレス戦フォーメーション~第22節~

2月13日に行われた、リーガ第22節の2位レアルマドリード対最下位20位ヘレスホームで行われました。

結果はCロナウドの2得点で、3-0。レアル圧勝でした。

前半は苦戦したレアルでしたが、後半は怒涛の攻め。

後半19分のグラネロのパスに右サイドバックのアルベロアが抜け出し、先制。
24分には右サイドから、カカのセンタリングにCロナウドが頭であわせ、2点目。
3点目も、カカが、今度は左からグラウンダーのパスを、Cロナウドに合わせ追加点。

前半健闘したヘレスでしたが、後半は力の差を見せ付けられました。

レアルは、ロナウド、カカのコンビネーションが冴え渡り、首位バルセロナと2差に迫る勝利を、二人のバロンドールで奪った形となり、バルサの独走に待ったをかけました。

このゲームの両チームのフォーメーションはこうでした・・


続きを読む

テーマ : ◆リーガエスパニョーラ◆
ジャンル : スポーツ

2010-02-19

アトレティコマドリード対バルセロナ戦フォーメーション~リーガ第22節~

2月14日に行われた、アトレティコマドリード対バルセロナ。第22節一番の注目のカードです。

この試合はアトレティコホームに首位バルセロナが乗り込みました。
けが人や出場停止で6人を欠くバルセロナは、リーガ最強の2トップフォルラン、アグエロを擁し真っ向勝負を挑んだアトレティコに敗れました。

結果は2-1でホームアトレティコが勝利しました。

前半9分レジェスのスルーパスに抜け出したフォルランが落ち着いて決め、先制。
前半23分アグエロがゴール前左で得た、フリーキックをシモンが直接決め。2点目。
すぐさま前半28分にイブラヒモビッチが、シャビのコーナーキックから、こぼれだまを決め、1点差。

このあとアトレティコのキーパー、デ・ヘアが好セーブを連発し、バルセロナの猛攻をしのぎきり、勝利しました。

これで、2位レアルが勝利したため、勝ち点差が2に縮まりました。

このゲームの両チームのフォーメーションはこうでした・・ 続きを読む

テーマ : ◆リーガエスパニョーラ◆
ジャンル : スポーツ

2010-01-24

第21節対トットナム戦フォーメーション~マキシロドリゲス、アクイラーニがアシスト。

1月20日に行われた、本来10日に行われるはずのゲームが、雪で延期になった第21節です。
リバプールホームの対トットナム戦
前半6分にキーパーからのロングボールをカイトが胸で落として、アクイラーニが絡み、カイトがワンタッチでゴール。
開始前に円陣を組んで、気合をいれ立ち上がりから勢いがあったリバプール、そのままの勢いのままファーストチャンスをものにしました。

一方のトットナムは今シーズン開幕戦でリバプールに2-0での快勝で勢いがつき好調をキープ。
中盤のモドリッチ、彼が怪我のあとはクラニチャルを獲得しその穴を埋めました。
このところ、そのクロアチアの二人が先発しています。その中盤とランキング2位のデフォーと、201センチ、クラウチの強力2トップに、両サイドが上がり絡みます。

フェルナンドトーレス、ジュラード、ベナユン、グレンジョンソンというチームの主力中の主力の選手が4人を怪我で欠き緊急事態のリバプール、もはや今シーズンこそは優勝といわれたチームの片鱗すら見えないチーム状態です。
前節引き分け後、ラファエル・ベニテス監督が異例の反省文を読み上げたり、チームの顔のジェラードが、来シーズンはチームを出たいと発言したと報じられたりと、チームは崩壊寸前。
立ち上がりはその危機感が、控え選手中心の先発メンバーの円陣スタートになったのでしょう。気迫が伝わってきました。

前半はリバプールのチャンスはこれのみ。その後はややトットナムが押し気味で後半に入りました。

両チームの先発フォーメーションはこうでした・・ 続きを読む

テーマ : イングランド・プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

2010-01-20

バルセロナーセビージャ戦フォーメーション~リーガ第18節~

バルセロナが国王杯で苦杯をなめさせられた相手セビージャとのリーガでの対戦です。

1月13日に5回戦で、セビージャ相手に1-0で勝ちましたがファーストレグで負けが響き、敗退が決まってしまいました。その因縁のセビージャを3日後の1月16日にホームに迎え行われたゲーム。

このゲームはバルセロナが鬱憤を晴らす、4-0での快勝でした。

後半4分オウンゴールで先制し、25分にペドロ、40分、46分にたて続けにメッシが得点を決めました。
とくに目立ったのは、イニエスタ。
イニエスタの中盤でのドリブルは誰も止めることが出来ず、周りをフリーに空いたシャビやフォワード陣が自由に動き回り連動し、バルセロナのスペクタクルなサッカーを生み出していました。

このゲームのバルサのフォーメーションはこうでした。いつもの4-3-3でした。 続きを読む

テーマ : ◆リーガエスパニョーラ◆
ジャンル : スポーツ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。