FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> Jリーグ >> 鹿島ー名古屋戦Jリーグ第27節~鹿島失速の原因は??~
2009-09-27

鹿島ー名古屋戦Jリーグ第27節~鹿島失速の原因は??~

残り8試合となるチームがほとんどのJ1第27節。ただ2チーム1試合少ないチームひとつ、それでも首位の鹿島アントラーズ
でもここ3連敗で2位との勝ち点差が4と縮まってきました。

いったい鹿島の失速の原因は??

さてこの試合のフォーメーションです。
グランパスは4-4-2。
 水曜日のACLの川崎戦で全く見せ場のなかった玉田をスタメンから下げ、ブルザノビッチを少し下がり目のフォワードに位置させたフォーメーション

グランパスの攻撃の核は、ケネディー。ここにサイドからクロスをあわせて攻撃を始めるのが、 
 大きなパターンです。
サントスを左のボランチの位置で起用することで、サイドを深くえぐる前にボランチの位置くらい早い段階からクロスをあげてしまおうという意図でしょうか。

       ケネディー(巻 後半0分)

               ブルザノビッチ

 マギヌン                  杉本
(後半25分玉田)           (後半16分小川)

       サントス     吉村


阿部   吉田    バヤリッツア   田中

          
          広野

一方の鹿島アントラーズも4-4-2。
2ヶ月ぶりの復帰の本山が、連敗中の悪い流れを断ち切れるか?
 

       興梠        マルキーニョス
   (大迫 後半30分)
 
  本山                      野沢
(ダニーロ 後半12分)

      青木           小笠原
(中田 浩二後半16分)
 
新井場      大岩     岩政      内田


            曽ヶ端


結果は4-1でグランパス圧勝。
得点者
ケネディ(前半5分)       名古屋
ブルザノビッチ(前半13分)   名古屋
杉本 恵太(後半8分)      名古屋
マルキーニョス(後半29分)   鹿島
ブルザノビッチ(後半38分)   名古屋
 
名古屋は玉田に代わり先発したブルザノビッチが2得点ど先制点にも絡むなど、3得点にからむ大活躍。
結局ブルザノビッチのポジションをつかみきれず、フリーにさせすぎました。

鹿島はディフェンス陣、4人とボランチ二人の身体の重さが目立ち、1点目のケネディーのゴールも完全に出足の遅さが原因です。
このブレーキはやはり走るサッカーのガス欠でしょう!
JOMOカップに6人、オランダ遠征に3人と主力が休めず、加えて選ばれてなかったメンバーも高年齢化のためチーム全体のパフォーマンスが明らかに落ちています。

久しぶりの本山の切れのよさばかりが目立ちました。
 
これで4連敗で、暫定2位清水3位ガンバと勝ち点差4、明日の清水が勝てば、ついに一差。

明日の清水は、対照的に今Jリーグの中では最も出足、パススピードとも最も早いサッカーをしています。ただいつまで清水もこのサッカーが続けられるでしょうか?

優勝争いは、残り三節で上位の中で最も早いサッカーをしているチームが抜け出すんではないでしょうか?
経験とモチベーションからいって、ガンバ、フロンターレの2チームで間違いないでしょう!!

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

タグ : フォーメーション 鹿島アントラーズ Jリーグ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事