FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> プレミアリーグ >> アーセナルーブラックバーン戦フォーメーション~プレミア第8節~
2009-10-07

アーセナルーブラックバーン戦フォーメーション~プレミア第8節~

この試合は久しぶりに攻撃陣が爆発し6-2と大勝したアーセナル。
でも守備のもろさが相変わらず目に付く試合でした。今後の上位との対決で果たして勝てるのだろうかと心配になる一方、攻撃の美しさにも目を奪われてしまうという、なんともはかなさを感じてしまうゲームでした。

相手は以前中田英寿のいたボルトンを率いたアラダース監督率いるブラックバーン。
 ボルトンでは、中盤を飛ばしてキックアンドラッシュのイングランドの悪しき伝統サッカーで守り中心のチームを作り上げ上位に食い込み、常に物議を醸していました。
今シーズンは失点が多く思いどうりにチームが仕上がっていないのでしょうか。下位に低迷しています。

得点者
ヌゾンジ(前半4分)             ブラックバーン
フェルマーレン(前半17分)        アーセナル
デヴィッド・ダン(前半31分)       ブラックバーン
ロビン・ファン・ペルシー(前半33分)  アーセナル
アンドレイ・アルシャヴィン(前半37分) アーセナル
セスク・ファブレガス(後半12分)     アーセナル
テオ・ウォルコット(後半30分)      アーセナル
ニクラス・ベントナー(後半44分)     アーセナル

さて、この試合のアーセナルのフォーメーションは・・
アーセナル 4-5-1

             ファンペルシー

 アルシャービン                  ロシツキー
                          (ウォルコット)
                           
       ディアビ          セスク

               ソング


クリシー    フェルメーレン   ギャラス     サーニャ

             
              マンノーネ 


このゲームのアーセナルは、セスクの活躍が際立っていました。1得点と2点目3点目の2アシスト。
右のロシツキーが復帰して、マークが分散したことで前を向いてのプレーがが多くなり、ゴール前に飛び出す、アルシャービン、ファンペルシーの何度もスルーパスを通す。
 またサイドの空いたスペースにサイドバックの上がったところへタイミングよくパス。
ほとんど、セスクからのパス最も相手にとっては危険なパスでした。

全員違う選手の得点で6点というのは、いかにもアーセルらしい。

一方守備は相変わらず不安定・・というより、攻撃にこれだけの人数をかけているので、カウンターにものすごく弱い。
 
ディフェンスラインの前にソング一人だけ。でも攻撃時は両サイドバックが頻繁に同時に上がっています。
結果相手のカウンターになったとき、センターバックとソングの3人だけで守らなければならず、一人かわされるだけで、決定的なピンチを迎えています。

前節もそうでしたが、キーパーマンノーネのスーパーセーブがなければあと2、3点取られてもおかしくありませんでした。

 今シーズン同じように攻撃的に両サイドバックが同時に攻撃参加する、超攻撃的なサッカーをして首位を走るチェルシーと比べて失点が多いのは、明らかにセンターバック二人とワンボランチの能力の差です。

センターバックテリー、ボランチのエッシェンの強さはこのポジションでは世界でもベスト3には入るレベルですから。
フェルメーレン、ソング、ギャラスの守備は馬力不足で後一歩足が届いていない。なんとも頼りない。

アーセナルがこのサッカーで優勝を本気で目指すのであれば、世界レベルの選手がこのポジションに2人以上は必要です。
でもあれだけ開幕前に補強を渋ったベンゲル監督が大物を冬の移籍市場で取るとは思えないです・・

今シーズンもいいサッカーをしながら、結局4位とまりの定位置に落ち着くことになるのでしょう。

テーマ : イングランド・プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事