FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 各国代表戦 >> ウクライナーイングランド戦フォーメーション~クロアチア またもイングランドに危機に追い込まれる!~
2009-10-14

ウクライナーイングランド戦フォーメーション~クロアチア またもイングランドに危機に追い込まれる!~

イングランドが前の試合でクロアチアに6-1で大勝し、W杯を決めた後の試合です。
一方のウクライナは、この試合の前でグループ6の3位で、2位のクロアチアに勝ち点差2で追います。

グループ6はのこり2試合。
この試合に勝って、プレーオフ進出の可能性が残しすべく、最後のホーム戦にイングランドを迎え、異様な殺気に満ちたゲームです。

10月10日にウクライナで行われた、第9戦。
どちらのモチベーションが高かったかは言うまでもありません。

結果はウクライナが1-0でイングランドを下し、2位の好調だったクロアチアが負けたことで、ウクライナが2位に浮上。
最終節を残し、プレーオフ進出を手の届く位置に手繰り寄せたウクライナでした。

この試合のフォーメーションは・・
ウクライナ 4-1-3-2。4-4-2。

        シュフチェンコ    ミレフスキー


 ロタン         ナザレンコ        ガイ

           
          チモシュチュク


 ラキトスキー   クチェ  カチェリディー  コビン

             ペトフ

イングランドいつもの 4-4-2。もしくは4-2-2-2。

キーパーグリーンと、ヘスキー以外はほぼベストのメンバーを先発させました。
ただ、このグリーンがいけなかった・・


          ルーニー       ヘスキー


ジェラード                       レノン

         キャリック      ランパード   


Aコール    テリー      ファーディナンド  Gジョンソン

       
              グリーン

何本も発炎筒が投げ込まれ、試合が序盤から中断。
15分のルーニーのミスからウクライナ、ミレフスキーの突破、それをたおして、しかも退場のグリーン。
PKを奪い、これをシェフチェンコがプレッシャーから外します。
興奮したサポーターがまたも発炎筒を投げ込み、またも中断。

30分にウクライナ、ナザレンコが打ったミドルがAコールのヘッドでコースが代わり、先制。

この一点を守ったウクライナの勝利。
発炎筒を投げ込みながら、選手を鼓舞したサポーターとともに、勝ち取った勝利といえます。


モチベーションと15分過ぎから先発キーパーを失ったイングランドは、まさに牙を抜かれたライオン。

覇気のないゲームで、クロアチアを奈落の底へ落とすのが目的だったんではないかと、
勘ぐらせるような、イングランドでした。
因縁ふかし・・イングランドとクロアチア・・

ちなみにこのゲーム、イングランド国内で初めて、代表戦がペイパービューのみのテレビ放映でした。
ケーブルテレビ局サイドは25万件の契約で、こちらは大成功だったそうです。

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事