FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> プレミアリーグ >> アーセナルーバーミンガム戦フォーメーション~再開後も強烈アーセナルの攻撃!~
2009-10-18

アーセナルーバーミンガム戦フォーメーション~再開後も強烈アーセナルの攻撃!~

アーセナルがリーグ7試合で挙げた24得点はプレミアリーグの新記録というほど、攻撃力で快進撃を続けています。
その原動力は、セスクファブレガス。
4得点8アシストで、8アシストはリーグトップ。


前節6-1での快勝のうち1得点、4アシストとスーパーな活躍をしました。

W杯予選のため2週間の中断が入り、再開後のゲームは第9節。アーセナルホーム。
アーセナルは一試合少ないながら5位。
相手は、14位バーミンガム。

結果は順当にアーセナルの勝利で3-1。

得点
ロビン・ファン・ペルシー(前半16分)     ←ソングの縦パスからナイストラップからゴール
アブ・ディアビ(前半18分)           ←ロシツキ右からのクロスがのアシスト
リー・ボウヤー(前半38分)          ←キーパーマンノーネのハンドリングミスからこぼれ球
アンドレイ・アルシャヴィン(後半40分) 

この試合両チームのフォーメーションは・・
アーセナル 3トップに限りなくちかい、いつもの4-5-1。もしくは4-1-4-1

            ファンペルシー

 ロシツキー                   ウォルコット
(サグナ後半27分)            (前半33分 アルシャービン)
         ディアビ      セスク

              ソング


  ギブス   フェルメーレン   ギャラス     エブエ
                               (ウィルシャー後半46分)

              マンノーネ

バーミンガム 4-5-1。こちらは3ボランチ気味のシステム。

  
            ジェローム
           (後半17分オコーナー)

マクファンデン                 ラーション
(後半26分マクシェフリー)
        ゴウヤー      ファーガソン

              カーズリー
            (後半34分フィリプス)

 リッジウェル   ダン     ジョンソン   カール

               ハート

相変わらずの攻撃の迫力。アタック時はペナルティーエリア内での毀れだまや、クロスにに4から5人が絡みます。
アーセナル戦は今最も外れのないカードでしょう。
目を離せない、スピード感豊かなゲームが多いです。勝つときも、たまに負ける時も、ノーガードのKO必死の打ち合いです。

きっちりと少ない予算で安いく有望選手を獲得し、薄い選手層で、巨大資本を持つ残りのビッグ3に立ち向かい、最後にいつも敗れるアーセナル。

特に今シーズンは、シーズン終盤戦まで考えてないかのような、危うさ。まさにこのシステムが象徴です。
でもはかなさがタマラナイ!

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事