FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> プレミアリーグ >> アーセナルーウエストハム戦フォーメーション~プレミア第10節
2009-10-28

アーセナルーウエストハム戦フォーメーション~プレミア第10節

ここまで27得点と、開幕9試合のチーム史上最高得点を記録する、攻撃陣が絶好調の4位アーセナル。ただし前のめりになるあまり、失点が多く不安定な戦いぶりは、リバプールと同じような状況です。

相手は19位に沈むウエストハム。ただしトップには、193センチイングランド代表フォワード、カールトンコールが構えます。全てはここを基点に攻撃が始まります。

10月25日日曜、ウエストハムホームで行われたロンドンダービーです。

結果は、ダービー独特の熱気を生かして、2失点を追いついたウエストハム。
2-2で引き分け。ハムにとっては貴重な、アーセナルにとっては痛い勝ち点1づつを分け合った試合となりました。

得点
ファンペルシー(前半16分)
ギャラス(前半37分)
カールトン・コール(後半29分)
ディアマンティ(後半35分)

いつもよりスピードのないアーセナル攻撃陣でしたが、前半にフォンペルシーにうまいトラップからの先制と、コーナーからのギャラスのヘッドで前半のうちに2点差をしっかりつけたアーセナル。
ただ後半に入ると、攻撃にエンジンがかかりだしたアーセナルが決定的チャンスをキーパーグリーンの好セーブや正面を突くシュートなどで、追加点を取りきれません。

ウエストハムの警戒していたはずのカールトンコールに29分に決められてから、サポーターの声援に押されたウエストハムのディアマンディーに決められ、まさかの引き分けでした。

この試合のフォーメーションは・・

アーセナルはいつもの4-3-3気味の4-1-4-1。もしくは4-5-1。

       ファンペルシー

 アルシャービン     エブエ
             (ベントナー)  
     ディアビ   セスク
 (エドゥアルド
 後半43分)
         ソング

クリシー            サーニャ
       
    フェルメーレン    ギャラス

 
        マンノーネ

ウエストハムは4-4-2。

   カールトンコール  フランコ
             (ハインズ)

コリソン            ベーラミ 
                (コヴァチ)
  ノーブル       パーカー
(後半11分      (後半40分退場)
ディアマンディ)

イルンガ            スペクター
   アプソン      トムキンス

         グリーン

この引き分けで、3位のトットナムが負けたために3位に浮上したアーセナルでしたが、首位マンUが負け、代わって首位に立ったチェルシーの方が勝利したので、首位と勝ち点差は広がってしまった形となり、悔しい引き分けとなりました。     

テーマ : プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事