FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 川崎フロンターレ >> 川崎フロンターレーアルビレックス新潟戦フォーメーション~Jリーグ第33節~
2009-11-29

川崎フロンターレーアルビレックス新潟戦フォーメーション~Jリーグ第33節~

11月28日川崎対新潟戦が川崎ホームで行われました。
このゲームを入れて、残り2節です。前節降格の決まった大分に、アウェーでまさかの敗戦を喫した川崎。勝利した鹿島に首位を奪われてしまいました。勝ち点差が2。
鹿島が3位ガンバとの直接対決をしているこの節は、絶対に勝って首位に返り咲きたいところです。

相手は、折り返しまで上位をキープしていた、リーグ最小失点の守備の堅い新潟。
対するフロンターレは、リーグ最高得点の攻撃力をもちます。攻撃対守備明確な構図です。

結果は、1-0。最少得点を攻撃し続けて、守りきった川崎の勝利でした。

得点者
60分 チョンテセ

このゲームの両チームのフォーメーションは・・
川崎フロンターレ 4-4-2

   ジュニーニョ    チョンテセ
          (83分谷口)

中村憲剛        レナチーニョ
           (68分黒津)
    
   横山     田坂
   
村上            森
(89分菊地)
    
   伊藤    寺田

        川島

アルビレックス新潟 4-4-2

    大島    矢野
 (34分サントス)

松下         チョヨンチョル
          (72分小暮)
    
    本間    三門
         (80分酒井)

松尾            内田

   永田    千代反田

       北野

前半は試合はお互い様子を見るような試合展開でした。
 
後半に入り、試合が動きます。エンジンのかかった川崎が攻勢をかけます。
中村憲剛が前への縦パスやサイドチェンジ、縦へのドリブルを意識して行うことで、チームが活性化。
一方の新潟も、高いラインの川崎DFの背後をカウンターで何度付き、どちらに点が入ってもおかしくない展開になります。
 
試合を決めたのは、川崎の絶対に今年こそは優勝するんだという、強い気持ちだったように感じました。両サイドバック、ボランチ二人まで攻撃参加していました。
 
後半途中から、メンバーを代えず、レナチーニョをトップに上げ3トップにし、それでも膠着とみると、さらにレナチーニョを黒津にかえ、攻撃の姿勢をさらに強くします。
 4-1-2-3という3トップにします。

それが報われたのが、25分。
右に張った黒津のクロスを左のジュニーニョ、そして最後はセンターのチョンテセが決勝ゴール。

この一点を守りきった川崎が勝利。守備の堅い新潟をの壁を、自ら動くことで突き崩した川崎でした。
鹿島がガンバを5-1と降し、勝ち点差は2のままいよいよ来週は最終節です。

川崎、結局またしても2位で終わるのか?それとも逆転優勝はあるのか?川崎の優勝への壁は、自ら動くことでしか崩すこはできません。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事