FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> Jリーグ >> 鹿島アントラーズーガンバ大阪戦フォーメーション~Jリーグ第33節~
2009-11-29

鹿島アントラーズーガンバ大阪戦フォーメーション~Jリーグ第33節~

11月28日土曜日首位鹿島が勝ち点差を2位川崎に、2差。3位ガンバに3差として迎えた、ガンバ戦。
鹿島スタジアムで行われました。

このゲームで勝利をし、川崎が引き分け以下だと、鹿島が3連覇が決まる大事な一戦。

一方のガンバは、首位鹿島に一時勝ち点差19もの差をつけられていましたが、終盤の鹿島の失速で、一気に3差までつめてきました。史上最大の逆転優勝への望みを繋ぐ一戦です。

注目の大一番のこのゲーム結果は意外なものでした。
5-1鹿島圧勝・・これでガンバの優勝はなくなり、最終節鹿島はアウェーで浦和。川崎もアウェーで柏。
この試合での結果に優勝の行方が決まります。

得点
56分 興梠  1-0
58分 野沢  2-0
60分 二川  2-1
62分 興梠  3-1
85分 田代  4-1
89分 ダニーロ 5-1

このゲームの両チームのフォーメーションは・・
鹿島 4-4-2

    興梠  マルキーニョス
 (83分田代)

本山           野沢
(57分ダニーロ
   中田     小笠原 

新井場          内田
           (76分増田)

   伊野波    岩政

      曽ヶ端         

ガンバ 4-4-2

    ルーカス  ペドロジュニオール
 (68分 退場

二川          佐々木
        (66分チョジェジン)
   
    遠藤    明神

高木           加地
         (66分安田)

   山口    中澤
  (82分山崎)
 
       藤ヶ谷

試合前から心配されていた、ガンバ両センターバックの怪我。それをおしての西野監督の強行出場命令。この大一番でその守備陣が崩壊してしまいました。
前半から早い出足と連動性のある動きで、ボールを支配する鹿島。前半は耐えていましたが、興梠の後半11分のゴール前でのうまい切り替えしでの、ゴールで緊張の糸が切れたかのように、続けざまに13分に追加点。
一点差にするもまたもその2分後に興梠が野沢の折り返しを決め追加点。
すぐ後のルーカスの退場で、ガンバの反撃ムードもジエンド。
意外な大差で、宿敵ガンバを降し、一時はブレーキがかかり、黄色信号がともった優勝への信号は、ついに三連覇へあと一勝というところへたどり着きました。

これで川崎との一騎打ち。最終節鹿島はアウェーで浦和。川崎もアウェーで柏。
この試合での結果に優勝の行方が決まります。

結局は、あの雨の中断残り15分を川崎と戦い、負けながらも息を吹き返した鹿島。
鹿島が優勝して、あのゲームがやはりJリーグにとって、今シーズンのポイントとなってしまうのでしょうか・・
それとも川崎念願の初タイトルを、劇的な逆転優勝で飾ることができるのでしょうか・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事