FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 各国代表戦 >> 韓国ー北朝鮮~W杯アジア予選
2009-12-03

韓国ー北朝鮮~W杯アジア予選

韓国ホームで行われた2009年4月1日のゲーム。今日もワールドカップ予選を振り返って、出場各国のフォーメーションと戦いぶりを書いていきます。
ワールドカップアジア最終予選グループB韓国対北朝鮮。前回の中立国中国で行われた最初のゲームは1-1の引き分けでした。
ここまで韓国は勝ち点8で一試合少ないながら4試合2勝2分けで2位。北朝鮮は5試合消化の勝ち点10で首位を走ります。

このゲームを1-0でものにした韓国と、激しいサッカーで粘った北朝鮮がこのグループの突破を決めました。
これで南北分裂している朝鮮半島の両国が出場することにになりました。

このゲームのフォーメーションは・・
韓国 4-4-2

  パクチョンヨン  イグノ
(ASモナコ) (ジュビロ磐田)

パクチソン        イチョンヨン
(マンチェスターU)    (ボルトン)
  
  キソンヨン     チョウォンヒ
         (ウィガン)

イヨンピョ        オボムソク
(ドルトムント)
  カンミンス   ファンジェウォン

     イウンジェ

北朝鮮 3-5-2ほぼ5バック。

  ホンヨンジョ  チョンテセ 
     (川崎フロンターレ)

 パクナムチョル  ムンイングク

    
     キムヨンジュン

チユンナム       チャジュンヒョク
 
 
  リグアンチョン   パクチョルチン
   
     リジュニル

     
     リミュングク

韓国はプレミアリーグを中心に海外リーグで活躍する選手が6人。

5人から8人が引いて守る北朝鮮のディフェンスを崩せない韓国。サイドに基点を作り、真ん中からミドル、サイドからのクロスを繰り返しますが、パスのテンポとアイデアというより繰り返しによって点を奪おうとするサッカー。ただシュート力とシュートへの意識は日本より高い。しかしなかなか枠に行きません。

一方の北朝鮮はいつもの鋭いカウンターを控えて、2トップ二人だけの攻撃に任せます。
後半5分にチョンテセのヘッドがあと数センチでゴールインのところを防がれるチャンスがありました。
後半に入り、フォワードパクチョンヨンの柔らかいボールタッチからのアイデアあるパスから決定的なチャンスを二度迎えますが、イグノが決め切れません。

ようやく後半42分代わって入ったキムチウの右からのフリーキックがそのまま入り先制点。そのまま試合終了しました。

韓国は前線でドリブルしたり、最後にストライカーは揃ってますが、中盤のパサーやサイドバックの強烈な上がりをする選手がいないようです。チーム全体の運動量とあたりの強さで勝負するサッカーのようです。

北朝鮮もさらに多くの運動量とフォワード二人の強さと鋭いカウンター時に人数をかけて攻めるサッカーのようです。

ポッド分けが決まり。シード国、アフリカ南米、ヨーロッパ第2グループと同じグループになることが決まったアジアの国々。日本とともにどこまで勝ち進むことが出来るでしょうか・・

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事