FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> Jリーグ >> 鹿島ー浦和戦~鹿島優勝フォーメーション!~Jリーグ最終節~鹿島から日本代表へ
2009-12-06

鹿島ー浦和戦~鹿島優勝フォーメーション!~Jリーグ最終節~鹿島から日本代表へ

ついに鹿島は苦しい時期を乗り越え、首位で迎えた最終節の相手は、最後に一泡吹かせようと意気込む、難敵浦和レッズ!その地はレッズ5万の大サポーターが待ち構える埼玉スタジアム。

川崎の結果に関わらず鹿島が勝てば優勝の時が訪れます。
しかし、川崎勝利で鹿島が引き分け以下で、川崎逆転優勝。つまり、鹿島が目指すのはとにかく勝利のみ。

やはり簡単なゲームではありませんでした。
12月5日土曜日。気温12℃。天候雨。

結果は1-0で鹿島勝利で優勝。史上初の3連覇達成です!おめでとう鹿島アントラーズ!

今シーズン序盤戦17戦負けなしのリーグ新記録で、独走状態だった鹿島でした。
オールスター後に5連敗で首位陥落。しかし、フロンターレとの史上初の中断残り15分からの再開ゲームで怒涛の攻めで一点差まで迫る気合を見せた試合以後、立ち直った鹿島は、この優勝までこぎつけました。

史上初づくめだったこの鹿島の優勝でした!

得点
66分 興梠
 

このゲームの両チームのフォーメーションは・・

鹿島アントラーズ 4-4-2

   興梠  マルキーニョス
(81分 青木)

本山         野沢
(68分ダニーロ)  (89分 田代)
   
   中田  小笠原


新井場        内田  

   
   井野波  岩政

    
     曽ヶ端


浦和レッズ 4-2-3-1

     エジミウンソン

(70分高原)   (75分エスクデロ)
原口   山田(直) 田中(達)
    (67分ポンテ)
  

   鈴木   阿部


平川        山田(暢)


   闘莉王  坪井

      
      山岸

開始早々からリズムをつかんだのはホーム浦和でした。あまり激しくないプレスで慎重にゲームに入った鹿島に対し 早速、6分に浦和闘莉王のフリーキックが枠を捉えますが、なんとか曽ヶ端がパンチングで防ぎます。 
鹿島もフリーキックから中田浩二が押し込んだかに見えましたが、オフサイド。
こう着状態の前半終了間際に、鹿島怒涛の攻めをみせ、3分間で5本のシュートを放ちながら決めきれず、0-0で前半を終了しました。
後半序盤、浦和の迫力に気おされていた鹿島でしたが、23分、右サイド内田のクロスから、興梠がヘッドで飛び込んでゴール!身体ごと飛び込んだ気持ちのこもった得点でした。キーパーからのフィードを、パス4本でゴールに結びつけた、鹿島得意のカウンターでした。
最終盤、交代3人を使い切ってからの残り20分の浦和の、迫力のあるパワープレーは凄いものでした。しかしこれを全員で守りきり、ついに鹿島にとってのハッピーエンドを迎えることができました。

 2009年7月以降、当ブログを開設して、各チームのフォーメーションをもとにJリーグを見ていきましたが、鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じました。Jリーグの多くのゲームで、フォーメーションを組んだ守備陣形が崩れ、最も多くの得点シーンが生まれたのは、カウンターでした。
そのカウンターをもっとも得意としたチームが鹿島で、その守り方も最もよくわかっていたのが、やはり鹿島だったと思います

さて、昨夜ワールドカップでの日本代表の相手も決まりました。代表が世界を驚かせるために勝ち進むことはできるかは、やはりこの,カウンターの精度とバリエーション!この鹿島の戦いぶりを長く見てきて、そう感じました。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事