FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> UEFAチャンピオンズリーグ >> <CL>インテルールビンカザン戦フォーメーション~インテルの勝利にプレミアの今後を思う・・
2009-12-11

<CL>インテルールビンカザン戦フォーメーション~インテルの勝利にプレミアの今後を思う・・

チャンピオンズリーグのインテル対ルビンカザン。この試合で勝ったほうが勝ち点で並両チームです。
バルセロナと三つ巴の争いが最終戦まで続くことになったグループFの最終戦です。
12月9日にインテルホーム、ジュゼッペメアッツァで行われたゲームです。

結果は2-0でホームインテルが力を発揮して圧勝しました。

得点
31分 エトー
64分 バロテッリ

このゲームのインテルのフォーメーションは・・
インテル 4-3-3

     Dミリート
エトー   (アルゼンチン) バロテッリ
(カメルーン)      (イタリア)
  
   モッタ   スナイデル
 (ブラジル)  (オランダ)

    スタンコビッチ
    (セルビア)
サネッティ        マイコン
(アルゼンチン)     (ブラジル)
   サムエル   ルシオ
  (アルゼンチン)(ブラジル)
    
    ジュリオセザール
    (ブラジル)

後半7分 スタンコビッチ→カンビアッソ(アルゼンチン)
後半15分 サムエル→コルドバ(コロンビア)
後半32分 バロテッリ→ムンタリ(ガーナ)


多国籍な選手を集めたルビンカザンに対して、インテルが選手の格の差を見せて勝利しました。

ルビンはバルセロナホームでバルサに勝ち、インテルにも引き分けるなど、ここまで負けのない戦いをして健闘しましたが、入ったグループが悪かった。多国籍軍の元祖のインテルと,昨年のチャンピオンチームがいたのでは、ここまでが精一杯だったでしょう。

さてインテルですが、昨日敗退が決まった,同じセリエAのユベントスと対照的、完全に名前の通りインターナショナルチームです。
まだイタリア代表に召集されていないバロデッリ以外、イタリア人は一人もおらず、全て他国の代表選手が先発しています。しかも代わって入った三人ともが,また他国の代表選手。

ユベントスはイタリア代表が7人も先発して、敗退。インテルはイタリア代表が0人で勝ち抜け。
5年ほど前の隆盛期に若い選手の育成を怠り外国人に頼り過ぎた結果、セリエAとイタリアサッカー界は国内の空洞化を生み、今に至っているようです。
つい昨年まで栄華を極めていたプレミアリーグとイングランドが、同じような傾向になってきているのは、もうとめられない流れなのかもしれません・・

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事