FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> リーガエスパニョーラ >> レアルマドリーーレアルサラゴサ戦フォーメーショション~リーガ第15節~
2009-12-21

レアルマドリーーレアルサラゴサ戦フォーメーショション~リーガ第15節~

2位レアルマドリードがリーグ最多失点のサラゴサ相手に大量点を取って、6-0と大勝をした、12月19日にサンチャゴベルナベウで行われた、リーガ第15節のゲームです。

得点者
前半3分 イグアイン
前半26分 ファンデルファールト
前半28分 ファンデルファールト
前半34分 イグアイン
後半5分 Cロナウド
後半26分 ベンゼマ


Rマドリード 4-4-2

   イグアイン  Cロナウド


     ファンデルファールト

マルセロ       ラサナディアッラ

     マハマドゥディアッラ


アルベロア        Sラモス

    ガライ  アルビオル

      カシージャス

交替
後半18分 イグアイン→ラウル
      マルセロ→ベンゼマ
後半28分 ファンデルファールト→グラネロ

このところ、攻撃が機能している中盤がダイヤモンド型の4-4-2。
カカの怪我で、先発を任されているファンデルファールトが機能しています。3試合連続の先発で、この試合は2ゴールと爆発。

大型補強で居場所を失い、移籍確実と言われていた選手が、レアルのギクシャクした攻撃陣の潤滑油となって、活性化しています。

ダイヤモンドの中盤、トップ下から縦に早いボールを供給し、自分は2列目からゴール前にどんどん顔を出すことで、チーム全体のエンジンとなっています。そしてこの日は、そのゴール前に顔を出す動きが、2得点という結果に結びつきました。

ファンデルファールトの2つのゴールです。
●右のセルヒオラモスのクロスを、2トップの間を追い越して、ダイレクトでゴール。
●左のマルセロからのクロスを、左からフォワードを追い越して抜け出し左足でゴール。


これが選手層の厚さというものなんでしょう。レアルが今シーズン大金をかけて取ってきた、カカ、ベンゼマ、ロナウド、シャビアロンソよりも、今はイグアインやラサナディアッラ、マルセロなどの昨年までの主力の活躍が目を引きます。そしてここ3試合のファンデルファールト。

ビッグネームが揃い踏みした試合よりも、チームに躍動感がみられます。
先週アウェーで、バレンシアに3得点して勝った試合の、すぐ後のゲームでのこの大勝。
最も「干されていた選手」の活躍は今シーズンの移籍組にも好影響を与えることになるでしょう。
インパクトの大きな勝利でした。

それからシーズン当初、出場機会を奪われ、腐っていただろうと思われていた、このオランダ代表MF。
あの親善試合は、ベンチを暖めていたこの男の復活ぶりは、日本代表にとってまたしても頭の痛い問題です。
ファンペルシーの長期離脱で、フォワードの脅威が少し減るかも知れないとも思っていましたが、レアル同様、オランダ代表も選手層が厚すぎます・・ワールドカップベスト4への挑戦は困難を極めます・・・

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事