FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> プレミアリーグ >> バーミンガムーチェルシー戦フォーメーション~第19節~エッシェンの不在が・・
2009-12-27

バーミンガムーチェルシー戦フォーメーション~第19節~エッシェンの不在が・・

バーミンガムホームで行われた2009年最後の試合です。次の試合20節からは、いよいよ2010年ワールドカップイヤーへ突入です!

チェルシーはこのところエッシェンの怪我以降、公式戦5試合を1勝1敗3分けと調子を落とし気味です。首位での年越しは決まってますが、2009年は残すところこの試合と、次の試合の2試合です。

相手はバーミンガム。現在7位と好調で順位はリバプールの上に位置しています。その要因はリーグ5位の17失点。さすがDF出身のマクリーシュ監督が作り上げた強固な守備陣です。相変わらずの得点力不足ですが、1部からの昇格チームということを考えれば、ここまで大健闘です。

首位と7位の対決の結果は、0-0。スコアレスドローに終わりました。

さてこのゲーム試合のフォーメーションです。

ワールドカップ出場国代表経験者は、バーミンガムにはイングランド代表キーパー、ハートしかいませんが、チームが好調を維持すれば、この中からイングランド代表が何人か出るかもしれません。

チェルシー 4-4-2

     ドログバ  スタリッジ
 (コージボアール代表) (イングランド)
        ランパード
      (イングランド代表)

マルーダ           ベレッチ
(フランス代表)    (元ブラジル代表)
        ミケル
      (ナイジェリア代表)

A・コール          イバノビッチ
(イングランド代表)    (セルビア代表)
     テリー  アレックス
  (イングランド代表)(ブラジル代表)

        チェフ
        (チェコ代表)
 
 

バーミンガム・シティー  4-4-2

     ベニテス  ジェローム
  (エクアドル代表)(イングランド)

マクファンデン       ラーション
(スコットランド代表)(スウェーデン代表)
    
    ファーガソン  ボウヤー 
(スコットラッド代表)(元イングランド代表)

ダン             S・カー
(イングランド)  (元アイルランド代表) 
    R・ジョンソン リッジウェル
    (イングランド)(イングランド)

        ハート
      (イングランド代表)

バーミンガムは4バックのディフェンスラインに3人のセンターバックを並べることで、チェルシーの攻撃力をつぶすことに成功しました。リッジウェル、ダン、ジョンソンの3人の平均身長は189センチ。チェルシーは前線に今シーズン初先発のスタリッジとドログバの長身FWを並べてきましたが、この二人のコンビネーションはかみ合わず、得点を奪うことは出来ませんでした。
 
ハムストリングを痛めて欠場している、エッシェン不在が最近のチェルシー不調の原因の一つとなっているのは間違いなさそうです。同じアンカーのポジション若いミケルは、中盤でチームのパステンポを悪くしていることがよくみられます。またエッシェンのように、前線まで攻め上がり、ゴールを狙う動きも非常に少なく感じます。味方のエッシェンの影に追われるようにプレーして見えます。

中盤のエンジンを失ったうえ、ベテランが多い首位チームは疲労も溜まっているようで、ディフェンスに自信を持つ昇格チームにとっても、怖くは感じなかったでしょう。

 エッシェン復帰までのあと2、3週間。彼の復帰が、チャンピオンズリーグの再開、プレミアのビッグ4や第3グループとの対戦が始まる、2月に間に合うのが幸運だったかもしれません。やはりエッシェンなくしては、チェルシーのプレミアとCL制覇は考えられません。

次の20節は、イレギュラーで中1日で月曜日にこれまた守備の強い、難敵フラムが相手で2009年の締めくくりです。

テーマ : イングランド・プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事