FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> プレミアリーグ >> マンチェスターユナイッテッドーバーミンガム戦フォーメーション~プレミア第21節~
2010-01-15

マンチェスターユナイッテッドーバーミンガム戦フォーメーション~プレミア第21節~

マンチェスターユナイテッド対バーミンガム戦。第21節がバーミンガムホームで1月9日に行われました。
2009年最後の試合で5-0とウィガンに圧勝したユナイテッド。このゲームは2010年最初のゲームです。

得点
前半39分 ジェローム
後半19分 オウンゴール

このゲームは1-1の引き分け。しっかり守って数少ないチャンスを確実にものにしたバーミンガムが貴重な勝ち点をものにしました。
首位チェルシーの試合が雪のため中断したので、2位ユナイテッドは勝ち点3を取って暫定首位を奪いたかったところでしたが、その目論見は消化不良の試合内容とともに、もやもやした結果となってしまいました。

このゲームのフォーメーションは・・
マンチェスターユナイッテド 4-5-1

        ルーニー

 パクチソン       バレンシア
     
     キャリック フレッチャー

        スコールズ

エブラ           ラファエル
     エバンス   ブラウン

        クスチャック
  
バーミンガム 4-4-2
9試合連続同じスタメンのバーミンガムは昇格チームですが、ここまで堅守で18失点とユナイテッドと同じくリーグ3位の少なさです。ここまで8位と健闘しています。


     ベニテス   ジェローム

マクフェンデン        ラーション

    ボウヤー    ファーガソン


リッジウェル           カー

      ダン   ジョンソン

         ハート

マンチェスターユナイテッドのディフェンス陣の多くの怪我人が少しずつ戻り、徐々に安定感が戻りつつありましたが、またビディッチが怪我で欠場。
センターバックに不安を抱えたまま、またも2010年最初の試合に臨むことになりました。
結局、そこまでノーチャンスだったバーミンガムに与えた先制点は、コーナーキックからのこぼれ球でした。
エバンスがクリアしきれず足に当たったボールが、ジェロームの前にこぼれ押し込まれました。
こういう競った点数の入らないゲームを勝って行くのが、マンチェスター強さでしたが、今シーズンは5敗が示すように、勝負弱くなっています。
昨シーズンよりも20節まで、10点以上も上乗せした得点をたたき出しているので、今後のユナイテッドはディフェンス陣のレギュラーを何試合揃えることが出来るかがポイントでしょう。
昨年終盤にはチャンピオンズリーグウォルフスブルグ戦では、ディフェンス登録選手が2人しかいないまま、MFをセンターバックに起用したなどの、緊急事態もあり、ユナッテッドのディフェンス陣の怪我人は、いつも監督の頭を悩ませています。
ビディッチ、ファーディナンド、そしてファンデルサール。この三人が勢ぞろいするのはいつになるのでしょうか。

テーマ : イングランド・プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事