FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 日本代表 >> 中村俊輔の存在を考える~本田圭佑移籍間近のニュースから~
2009-08-07

中村俊輔の存在を考える~本田圭佑移籍間近のニュースから~


本田圭佑がオランダ1部リーグの名門PSVアイントフォーフェンから、オファーが来るのが、秒読み段階か?
というニュースが流れてますが、チームのレギュラーMFを放出準備をしているとなると、近々あるでしょうね。
 
 移籍後の活躍で、ますます日本代表での起用が増えてくると思いますが、このまま俊輔がスペインで活躍すると、ポジション争いになるんでしょう。

 以前からは本田圭佑日本代表で、先発をと書いてきました。サイドから得点の取れる中盤として、石川直宏と左右で二人起用してほしいと思います。石川左で本田は右
 その前に、石川も本田も右サイドからの起用が多いので、まず、中村俊輔の大きな壁を乗り越えてもらわなければなりません。
 
 二人が機能すると、格段にスピードとドリブルが加わり、奥深くまでえぐれます。
 
 岡田監督のいう、ペナルティーエリアとゴールエリアの間のサイド部分、「ニアー」のエリア。
ここへの侵入が、たやすくなります。
  
 ペナルティーエリア外のサイドからのクロスは、精度の悪さ、FWの空中での弱さでは、強豪国には、太刀打ちできないのは、明らかです。

「ニアー」のエリアでは、低いパスやさらにゴールへ向かうドリブルで、DF達が飛び込めないです。そこから、低いショートパスをだして、そして、ゴール前へ侵入してきた、アジリティー(すばしこさ)のある多くの日本選手が、ゴールを決める。

(アジリティは日本人の長所だとオシムも言ってましたし。)

これが日本がもっともゴールを量産出来るパターンでしょうね。
岡田さんもこの練習をよくやってるようですし。

だから、中距離からのパスが得意な中村俊輔は、日本の目指すサッカーにはやはりフィットしないと思います。FWが決定的に弱いので。
スペインでは、DF、FWが強いので、中盤からプレーエリアは広げなくても周りがやってくれますが・・

本田圭佑。石川直宏を呼んだとき、是非ふたりとも、2試合以上は使って、しっかり見極めてほしい。
良ければそれ以後は、俊輔との共存を考えるよりも、俊輔を先発から外す勇気を、岡田監督には持ってほしい!!

”アンタッチャブル”な存在は作ってはいけないと思います。
石川直宏、本田圭佑。二人の順調な活躍願ってます。



FC2ブックマーク

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

タグ : 本田圭祐 中村俊輔 石川直宏

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事