FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 日本代表 >> オランダー日本フォーメーション~失点は後半のデヨンクの動きにあり~無料動画
2009-09-06

オランダー日本フォーメーション~失点は後半のデヨンクの動きにあり~無料動画

日本代表やってしまいました・・。0-3
前半が良かっただけに、後半の3失点は残念過ぎます。
しかも、俊輔と本田圭祐が同時起用された、後半からとは・・
でも冷静にこの敗因、3失点の原因と、攻撃の課題をフォーメーションで、考えていこうと思います。

まずは、両チームの先発フォーメーション
日本のシステムは4-2-3-1。もしくは4-5-1。( )は後半開始直後。


         玉田(岡崎)
   
  岡崎(本田)   中村謙剛   中村俊輔


     遠藤    長谷部
 

長友    闘莉王   中澤      内田

           川島 


オランダのシステムは4-2-3-1。もしくは4-3-3。


             カイト(フンテラール) 
   ロッベン             ファンペルシー
   (エリア

           スナイデル

      メンデス(デゼーウ)  デヨンク 


F・B・ホルスト   マタイセン  ローフェンス ファンデルウィール

         フォルム(フォルトバイゼン) 




後半雨が5分過ぎから降り出して、大きく試合が動き出しました。
日本の組織的中盤の守備のシステムが狂います。

○1点目左ボランチ、デゼーウがカットし、エリアが持ち込みシュート。これがコーナーキックになり、エリア→ファンペルシーで失点。  後半24分。
○2点目はポゼッションを高めたまたも日本の右サイドから中央にいるスナイデルが、抜ききらないまま、シュートを決めました。  後半28分。
○3点は、疲れもありましたが、8本のショートパスを自陣からつながれ、左右に大きく振られて、フンテラ-ルにダイレクト。    後半42分。


さすがというか、運がいいというか、システム先進国オランダ
後半から、内田と俊輔の間の日本右サイドのエリアを、中途半端に位置取らせ、特に内田が上がった後を、フリーで、好きにかき回していました。
そこへ、守備をしない、本田圭祐の前の、デヨンクからどんどんいいパスが通されていました。

その、一人の仕事をみんながカバーしようとして出来た数的優位な所から、多くのチャンスを作り出していく。そして、多くの体力を、後半に急激に消耗した結果の3失点目でした。

 走れなくなってへろへろな内田が典型的でした。

岡田監督が言ってた、
「ひとりのギャップがチーム全体のギャップになってしまった。」
というコメントは、ずばり本田のサボりを指していたのでしょう。

でも、そこをわかった上で、本田の攻撃力と、日本の運動量にかけて勝負したのだから、納得です。
本田の個人攻撃をするのは簡単です。でも、攻撃としては絶対的に必要な選手だと、疑いません。次のガーナ戦では、守備のポジションと意識を修正させて、もう一度使うべきです!


最後は力の差を見せ付けた、オランダの組織力・・全員が相手の弱点をついていく意思統一・・と個人の能力、そこを見習い、次戦に生かすことが大切です。

あと9ヶ月。これからの日本の守備の課題は、90分間前半のハイプレッシャーを続けられる体力づくり!!ずばりこれしかないでしょう!

次回は、前半に見えた、日本攻撃の課題、特に中村俊輔の遅功について考えます。



         




    


          

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

タグ : フォーメーション オランダ 敗因 本田 中村俊輔

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事