FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 各国代表戦 >> アルゼンチン対ブラジル 南米W杯予選~凋落の英雄と国民は心中か?~
2009-09-07

アルゼンチン対ブラジル 南米W杯予選~凋落の英雄と国民は心中か?~

9月5日アルゼンチンホームで南米予選第15戦。アルゼンチン対ブラジル。

注目のこの試合、アウェーのブラジルが3-1で快勝し、南米でW杯出場一番乗りで決めました。
この敗戦で、残り3試合で予選通過崖っぷち、4位のアルゼンチン。

24 ルイゾン
30 Lファビアーノ
65 ダトロ
67 L・ファビアーノ
この注目の試合の両チームのフォーメーションです。

アルゼンチン システムは4-4-2。もしくはメッシがほぼトップ下で4-2-3-1。
         
   メッシ     テベス

ダトロ        M・ロドリゲス

  ベロン     マスチェラーノ

エインセ         サネッティ
   
   ドミンゲス  オタメンディ 
         
     
      アンドハル             

ダトロFWに近い上がり目の左サイド。メッシはトップ下。

 ブラジルのシステムは 4-4-2

     
  L・ファビアーノ     ロビーニョ                     
(アドリアーノ)
 
カカ               エラーノ

    メロ   ジルベルト・シルバ
 
                (D・アウベス)     
アンドレサントス        マイコン
     
     ルイゾン      ルシオ
               
       セザール

ブラジルは、両サイドのメロとマイコン、センターバックルシオは全く上がらず、
トップの2人と、エラーノのセットプレーだけで攻めるという、守備重視の戦略。

ブラジルの守備の強さと、アルゼンチンの守備陣の酷さが目に付く試合でした。
特にセットプレーから2失点のアルゼンチンの守備、問題大有りです。


アウェーボリビアで、1-6の敗戦を喫した後も不思議と国内から解任の世論は起こらなかったアルゼンチン・・完全にマラドーナに全てを任せています。

アルゼンチン国民は、神様マラドーナの首を切って監督を代えないと、予選敗退という地獄を見せられる事になるでしょう

彼らはこのまま、神様と心中することを選ぶのでしょうか・・?

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事