FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 日本代表 >> ガーナ戦予想フォーメーション~日本のストロングポイントを生かせ!!~
2009-09-09

ガーナ戦予想フォーメーション~日本のストロングポイントを生かせ!!~

9月5日のオランダ戦に潔く討ち死にした感じの日本代表。負けても全くショックがなかった人も多かったかも知れません。僕はその一人です。
3回前の記事で守備面の見解を書きましたが、明日9日はガーナ戦ということで、今回は攻撃面を考えてみたいと思います。

ではいつもの予想フォーメーションとスタメンから。
明日は岡ちゃんのコメントを見ると、スタメンとフォーメーションをかえてくるようですので・・
明日は、4-4-2でしょう。メンバーは当落線上の選手が中心で、でも勝ちに行くということで、

        興梠      前田

  
 本田                中村俊輔

      
       稲本       遠藤



 今野     岩政      中澤      駒野

          
             都築

以上です。
ではガーナ戦で変わってほしいところ、日本がすぐに攻撃面で改善できるポイントを2つ考えてみました。
明らかにオランダと攻撃面で違ったのは、シュートの距離と精度。

日本のシュートレンジは短く、精度も低いです。だから、
岡田監督もとく言っている、ペナルティーエリアの横の線とゴールエリアの横の間のゾーン「二ア」ゾーン。(詳しくは中村俊輔不要論を)
ここへのマイボールを持っての侵入が攻撃をいかに増やすか。です。
このゾーンではファールが出来ず、日本のアジりティーが生きます。

で、日本の侵入回数は前半で日本5回、オランダ1回
うち、岡崎、謙剛、玉田、長谷部、闘莉王の5回、決定的チャンスは謙剛が吹かしたのと、長谷部のサイドネットをゆすったシュート2本。

いつもそうですが、チームでパスをつないで遅攻で決定的チャンスになるときは、MFがこのエリアでボールを持ったとき。
サイドからのクロスや、ペナルティーエリア外からのミドルでは、世界レベルでほとんどゴールを奪えていない日本は、このエリアに特に、MFが入って来たときには、エリア外からパスを入れるべきだ!

ちなみに、後半はこのゾーンに進入日本0オランダ6でした。(うち2回得点あと4回も全て決定的)
後半は、MFでは本田がよくこのゾーンや、得意のミドルが打てるペナルティーエリアゴール正面で、フリーになっていましたが、味方からのパスはきませんでした・・

長友が奪い返してすぐシュート打った時と、カウンターからの俊輔がエリア右足から、弱弱しいシュートを放ったとき。
パスが出てれば、決定的チャンスだと気づいてたと思うのですが・・やはり、本田は嫌われてるようですね・・

日本のシュート精度では、世界の強豪からは、フリーキックでしか点を取れません・・コーナーキックもアジアの中だけしか通用しませんので・・長くなりましたが、今後の攻撃の課題は、
一つ。「二ア」ゾーンにMFが侵入したら、必ずパスをすること。!
二つ。本田が出るなら、嫌いでも、本田にゴール付近でパスを出せ!!これが日本の攻撃力を上げる近道です!

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

タグ : 本田圭祐 中村俊輔 フォーメーション 中村謙剛 ガーナ 日本代表

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事