FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> 各国代表戦 >> イングランドークロアチア戦フォーメーション~日本代表のお手本はこれだ!~
2009-09-11

イングランドークロアチア戦フォーメーション~日本代表のお手本はこれだ!~

9月9日に行われたW杯欧州予選グループ6、第9節。イングランド聖地ウェンブリーで行われました。
ここまで7連勝のイングランド、一試合少ないですが、ここで勝つと出場が決まる大事な一戦。

相手は、いままで、さまざまな大会や予選リーグで苦杯を舐めさせられてきた因縁の相手、クロアチア。最近では、ユーロ2008の予選で、は同じグループで連敗し出場を阻まれています。

結果は5-1。今予選クロアチアに連勝し、イングランド強しを世界に改めてアピールした試合でした。

得点者 07' ランパード(イングランド)
      18' ジェラード(イングランド)
     59' ランパード(イングランド)
     66' ジェラード (イングランド)
     72' ダ・シウバ(クロアチア)
     78' ルーニー (イングランド)

この試合はお互い、日本のガーナ戦と同じ4-4-2。もしくは4-2-2-2・・
日本とどう違うサッカーなのか、そしてどこがお手本になるのかも観て行きたいと思います

       ルーニー    へスキー(デフォー)

 ジェラード               レノン
 (ミルナー)             (ベッカム)  
 
       バリー      ランパード

Aコール  アプソン     テリー   Gジョンソン

            グリーン

ビッグ4からは、マンUルーニー、リバプールからジェラード、Gジョンソン、チェルシーランパード、テリー、Aコール、アーセナルは0。また、好調トッテナムからスピードスターのレノン。チームでも代表でも好調のデフォーはベンチ。

クロアチアも4-4-2。

      ダ・シウバ      オリッチ
     (クラスニッチ)    (ペトリッチ)
  
   クラニチャール         マンジュキッチ


      ボクリバッツ     ブコエビッチ
      (ラキティッチ)

ブラニッチ   シムニッチ クリジャニッツ スルナ

              ルニエ

 ダ・シウバがアーセナル。オリッチ、ブラニッチがバイエルン。それから注目は大黒柱モドリッチが怪我のため、司令塔として期待がかかるクラニチャール。

内容は、クロアチアはモドリッチの不在がやはり響き、中盤の収まるポイントが作れず、圧倒的にイングランドの中盤に支配されました。
 それと、トッテナムの攻撃を支える快速レノンのスピードに翻弄され、中盤の二人ジェラード、ランパードに2得点ずつ決められ完敗しました。

 イングランドにとって、ここ数年の課題、ジェラード、ランパードの共存という問題が見事に解決した欧州予選でした。

さて、4-4-2の日本代表のガーナ戦のサッカーと比べると、イングランドのサッカーの違いです。

まね出来ない点
○フォワードのシュートの精度。
○MFのシュートのパワー。
○サイドからのクロスの精度。

特にランパード、ジェラードのミドルシュートは、そしてルーニーの決定力は世界のトップ。これは反則でしょうというくらい凄すぎて、日本人では絶対に真似できません。

共通点
○FWからの激しいプレス、運動量
○2トップが、裏を狙うこととポストプレーとある程度役割分担している。
○MF、DF陣の攻撃参加の回数の多さ

ちょっと頑張ったら出来そうなこと(ガーナ戦のスタミナを大前提として)
○世界レベルだと思う、中盤の約束事を増やす。→決定的チャンスを増やしてFWの決定力を補う。
○センターバックとサイドバックが攻撃参加したら、全力で戻る(特に闘莉王!)
○サイドからは、クロスではほとんど勝てないので、二アゾーンへのショートパスを


オランダ遠征と、この試合を観て、これらを伸ばせば、日本代表はもっと強くなれると思いました!!

テーマ : 2010年 FIFA World Cup
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事