FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> コラム >> 鹿島川崎戦のノーゲームについて考える~岡田正義主審の判断・・~コラム
2009-09-13

鹿島川崎戦のノーゲームについて考える~岡田正義主審の判断・・~コラム

9月12日Jリーグ天王山の鹿島アントラーズー川崎フロンターレ戦。
勝ち点差7でスタートしたこの試合。1位2位の直接対決が行われました。

この試合を裁いたのは、岡田正義主審・・

以前は通称ジャスティスと呼ばれていたそうです・・
出来るだけ冷静に書きたいと思いますが、納得がいかない人も多いと思います。

3-1で川崎リードで後半30分過ぎたところでの、豪雨による「ノーゲーム」。
アウェー川崎がリードしてこのまま勝てば、一気に勝ち点差が縮まる大きな勝利。
残り15分を切ったところでのこの判定は、どういうことでしょう??

あそこまで試合が進んでいたのに、ノーゲーム?

主審が選手の安全を考えた上で、コミッショナーと協議した上での決定だということです。

安全を考えたうえ??

ならば、川崎の選手、サポーターが抗議のため残っていたといいますが、彼らには直ちに室内に入るようにアナウンスなり、指示なりがあったのでしょうか?
雷雨でもなかったようですし・・
関塚監督も「もっとひどい状況で試合をしたこともある!」といってました。

審判は両チームに公平なジャッチをするのが大原則です。
雨で試合が困難だとしても、両チーム同じ条件。その困難な条件の中、川崎の方が多く点を取って75分まで、リードしていた。
その時点で、試合をなかったことにするというのは、どう考えても鹿島に有利なことです!!
そこまで考えての判断だったのは、疑問です。

審判は、岡田正義さん。
自分の顔と名前が唯一一致する審判です。でも、その名前をきいて、いやな記憶をもつ人も多いのではないでしょうか?

詳しくはこちらを。

なぜに?
大雨で冷静な判断力を失ってたんでしょうか?
それとも、俺が判断するというプライドでしょうか??

・・再試合の日程などは、15日に理事会で決定するということです。
せめて、理事会には賢明な判断をしてほしいです!

岡田さんは、ワールドカップの1998大会、とてもスムーズに試合をコントロールし、
「なるべく笛で試合を止めないように心がけてのぞんだ。」
と、NHKだったと思いますが、インタビューに答えていました。
日本の審判も世界レベルになんだ。とうれしく思った記憶があります。

が、最近の岡田さんは残念です・・
個人的には、彼の裁く試合はもう観たくありません。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事