FC2ブログ

サッカーフォーメーション専門ブログ

世界の最新フォーメーションの記録と観戦記!プレミア、スペイン、Jリーグ、代表戦を中心に!



サッカーフォーメーション専門ブログ>> Jリーグ >> FC東京ーガンバ大阪フォーメーション~第25節~石川直宏、代表選出へ秒読み!?~
2009-09-20

FC東京ーガンバ大阪フォーメーション~第25節~石川直宏、代表選出へ秒読み!?~

FC東京は2ボランチの4-4-2。レアルマドリーと同じように、両サイドの羽生、石川直宏そして長友が、ガンガン1対1を挑み、また速攻を仕掛けます。
一方のガンバ大阪も同じ形の4-4-2。ガンバは両サイドに遠藤、二川のパサーを配し、ポゼッション重視の遅攻がメイン。数的優位を作って攻めます。

またサイドの長友、加地のサイドバック対決も面白い。

タイプの違う両サイドの攻撃で、見ていて楽しいサッカーをするチーム同士の戦いです。

さて両チームのフォーメーションは・・

9月19日第28節FC東京ホーム、味スタ。
FC東京4-4-2。          
          赤嶺   鈴木達也
                (椋原)  
   羽生                石川直宏        

          梶山   米本


 長友   今野    ブルーノクアドロス 徳永
 
             権田  

ガンバ大阪4-4-2。
         チョジェジン ルーカス
         (播戸)    (山崎)
   二川                   遠藤  

          橋本   明神
        (佐々木)

  下平    山口智     中澤   加地
     
             松代  

8位と5位の首位争いから落ちたくないチーム同士。最近の首位鹿島の足踏みの間に差を詰めたいところです。

注目は石川直宏
視察の岡田監督、恐らく石川直宏目当てでしょう

前半はFC東京ペース。攻撃のほとんどはサイドからでした。右サイドで石川。左サイドでは、長友のドリブルで攻撃を仕掛けました。
ガンバの攻撃はほとんど真ん中から。遠藤、橋本のパスがトップにわたりチャンスを作る。

前半を0-0でおりかえしました。

後半序盤は長友の独壇場。何度も左サイドをえぐりクロスを上げ続けました。
チャンスを作れないガンバは、長友のケアのためにガンバ中盤右サイドに佐々木をいれ、攻撃で長友の上がりを抑えました。
 
これ以後、ガンバがチャンスを増やしましたが、そのままスコアレスドロー。

内容からいっても引き分けが妥当な結果でした。
 石川直宏シュート4本。長友の一試合通してのスタミナ。
この二人の攻撃力と、平山の不在が際立ったFC東京でした。
 

 一方のガンバは、やはり遠藤のパス、それから佐々木のスピードが際立ちました。
得意のパス回しは、終盤に来てからでした。

両チームにとって、鹿島、フロンターレが負けただけに、痛い引き分けでした・・

それから、長友対加地。長友圧勝!

後半は控えめでしたが、石川直宏のこのスタミナと、ゴール前への進出力は魅力的。
代表の4-5-1での左サイド、4-4-2での右サイドぜひとも!!俊輔要りませんので

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

タグ : 石川直宏 中村俊輔 FC東京 ガンバ大阪

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
QRコード
サッカーフォーメーション専門 携帯版           
QR
携帯でも見れるようになりました!!  見にくい方は、携帯文字表示を<小>で設定してもらうと見やすいです。
ブログ内検索フォーム
最新コメント
プロフィール

のんのんのびた

Author:のんのんのびた
サッカー熱に感染して、もはや15年。
ドーハの悲劇は、ラジオできいて泣いてました。
日本代表とフロンターレ中村憲剛とリバプールのベナユンが大好きっす!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
最新記事